日本の一般家庭にも普及しています

nullウォーターサーバーと言えばアメリカなどの欧米では広く普及していて、海外のテレビドラマや映画で見ることも多いですが、この10年ほどで日本の一般家庭にも急速に普及してきましたよね。
以前は薬局やお店などでたまに見かけることがありましたが一般家庭でウォーターサーバーを利用している家庭なんて少なくとも私の子供時代は見たことがありませんでしたが、現在は小さい赤ちゃんのいる家庭やおいしい水を飲みたい、と水にこだわる人の間ではかなり普及してきています。
では、このウォーターサーバーのメリットとは一体どんなところにあるのでしょうか。
まずあげられるのが、おいしくて新鮮な水をいつでも飲める、ということでしょう。
日本では昔は水を買うなんて考えられないことでしたが、都市部では水道水はそのまま飲むには臭いが気になったり味がついていたりして抵抗がある、という人が増え、昔に比べて水そのままを飲みたいと思う人が増えているのでペットボトル入りの水がコンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアで大量に売られています。
飲料水としてそういったペットボトルの水を買う人も多いですが、とにかく買って運ぶのが重たいし時間も取られて大変ですよね。
その点ウォーターサーバーなら指定した日時に自宅まで重たい水を運んでくれるので、それもメリットの一つでしょう。
最近は水だけでなくお湯が出るウォーターサーバーも多いのでコーヒーやお茶、スープなど温かいものを飲みたい時もいちいちお湯を沸かしたりポットを1日中つけておく必要がないのでそれもありがたいです。