こだわりの父が驚いた

私の父は水にとてもこだわりを持つ人です。
食後に毎回、薬を飲むのですが、その時の水が必ず市販のミネラルウォーターではないといけません。
一度、私が幼い頃に、母が水を切らしてしまって、内緒で水道水を出した時がありました。
すると父は、薬を飲む前に臭いだけで、それがミネラルウォーターではなく、水道水であることを看過してしまったのです。
結局、その日父は薬を飲むことなく就寝してしまいました。
母は、最近はペットボトルも安くないのよ、と溜め息を吐いていたそうですが、温厚な父の唯一の我が儘ということもあり、ずっとミネラルウォーターを買い続けていました。
ある日、私がネットでウォーターサーバーの記事を見つけ、父に良いのではないかと早速注文しました。
商品が届き、母に伝えると、感謝の言葉を述べてくれましたが、同時に、ウォーターサーバーだけでは父にわかってしまうのでないかという忠告も貰いました。
nullそれでもやってみなければわからないと、食後に出す水をウォーターサーバーの水にしてみることにしました。
父の元にコップを置く母の手が微かに震えていたのを今でも覚えています。
ですが父は不審に思うことなく薬を口に含み、そして水で一気に飲み干しました。
そして一言、ミネラルウォーターの種類を変えたのか、と言いました。
その時、私と母は喜んで思わずハイタッチをしてしまいました。
何が起こったのかわからず目を白黒させている父に事情を説明すると、父は最初から伝えてくれ、と苦笑いしながらも、上手い水だと褒めてくれました。
その日から父はずっとウォーターサーバーの水を飲み続けています。